プロフィール

くよもん

Author:くよもん
昭和44年8月生まれです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アナログ時計


最新コメント


最新トラックバック


日めくりカレンダー


検索フォーム

料理検定スタート

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カラス対策

ツバメの巣を守れ

この時期曽山に行くと車庫にツバメが巣を作っています

父ちゃんが言うには

『カラスはとても賢いからタマゴのうちはほとんど近寄らないけど

ヒナがかえるとやってくるので巣作りしても無駄なだけや~』

母ちゃんはそんなツバメのヒナを今年こそはカラスから守ろうと

自分で考えたのかそれとも誰かにきいてきたのか

巣の周辺に意味不明な飾りを施しております

その熱意は伝わってくるけど、ツバメは迷惑してないんかな?


元気な母ちゃん

今日は何の日?

今日は【母の日】ということで長女とあれこれ迷いながら花を選びました

七尾から曽山までは一時間かかるし、明日の仕事帰りにでも

持っていこうかなぁ~て思ってたら長女が

『一緒についてってあげるから今日渡しに行こうよー』

と言うので踏ん張って行くことにしました

母ちゃんは花はもちろん、孫の顔をみれてとても嬉しそうでした

安らぎの時間

春のもずく採り

母ちゃんに頼んで親戚のおじさんの絹もずく漁に同行させてもらいました

早朝5時半から7時までのんびりとした時間は最高のひとときやったわ~

おじさんから絹もずくをたくさんいただいて、ほんでもって

タケノコやらワラビやらメイドイン曽山の幸もいっぱいもらって

やっぱり穴水はいいとこやなぁ~て再認識したのでありました

次はタコツボ漁に同行させてもらえるよう頼んでみっかな~

庭の相棒

ガーデニングの友だち

庭で草取りをしていたらすぐ後ろでいつもの鳴き声が聞こえたので振り返ってみると

カシワバアジサイの根元に『庭の相棒』がこちらを向いて休んでいました

目の周りが赤いので隠れてるつもりでもすぐにわかるね

『最近頻繁にキジが来るから庭にお米まいといたわ~』

と妻が言ってたのでそれでも食べに来たんかな

妻はガーデニングには興味がなさそうだけど、キジには興味を示します

『ナカイエナミの虎』

手ぶらは免れました

予想通りゴルフコンペはブービーメーカー(最下位)でしたが、プレー前に

ワタシの話を聞いていたひらすけあんさまが自分がとった景品の中から

どれかひとつを選んでいいと言ってくれました

『うわぁ~さすがやね~

『まっ、自称【エナミの虎】やし

『おぉーーエナミの虎け~ほんでもエナミにはもうひとりゴルフのうまい人おるがいね~』

『あ~あの人は【エナミの猫】やわ

『ね・ね・ねこ?』

『魚食べるがまんでうまいげんてー

いい眺めやね

とてもいい眺め

一度は行ってみたいと思いながら、まだ一度も行ったことのないお店

一緒に行こうと誘われて店内に一歩足を踏み入れたら

目の前に美しい穴水湾が広がっとってまんでいい眺めやわ~

この日は小雨がぱらつくあいにくの天気やったけど

眺めているだけで、この波のように気分も穏やかになってくる

このシチュエーションでオジサン5人が日替わり定食をを食べてる姿は

店員さんにどう映っているのだろう

晴れた日に友だちや家族とまた来てみたいですね...


123→120

今シーズン始まりました

昨年も4月にシーズン初ラウンドでした

そのときのスコアは123だったので2017年のスタートは

それより一打でもいいスコアでまわれたらいいなぁ~なんて思いながらも

ひとまず数字のことは頭の隅っこに置いといて

楽しくプレーすることが大事なんです

このホールはボールがたくさん落ちててショットする前から不安になってくる

そう思えば思うほどボールがこの中に吸い込まれていくのであります

18Hを終え結果は昨年より3打縮まったけど、全然うまくなってないなぁ~



お父さんの出番

グラブ磨き

娘からグラブを磨いてほしいと頼まれました

野球用具を大事にするこころも備わってきたんやな~て思うと嬉しくなります

勉強は教えてあげれないけど、これならワタシでも大丈夫

一年近く使ってるのでだいぶやわらかくなってるね

『明日、部活動紹介がありん』

『そうなんや~』

『部員みんなでグラブを持って前に出るから汚いと恥ずかしいでしょー』

『そんな理由で磨いてんの?』

仲良しライバル

いよいよ本番

周囲のみんなはすでにコースに出てるけど

ワタシは最近暖かくなってきたのでようやく練習開始

いきなりドライバーを振り回すと腰を痛めてしまうので、まずはアプローチから

100球買って何球空振りするんかなぁ~て思いながらスイングしとってんけど

空振りどころかチョロもなく何だか不思議なスタートになりました

モリさん・チャコ・レーコちゃん、そして今シーズン一緒にラウンドするであろうミチコりん

この仲良しライバルの中で一番最初に100切りするのは

はたして誰なのでしょう


大翔・勝ち越し

大翔勝ち越し

穴水町出身の大翔は先日誕生日を迎えたくよもん家の長女と同学年にあたります

親元を離れ厳しい角界に飛び込んではや一年

まだ表情にあどけなさが残る16才は今場所見事に勝ち越しました

穴水と相撲をこよなく愛するワタシは本場所が始まると

遠藤関&大翔の活躍を楽しみにしています

«  | ホーム |  » page top