プロフィール

くよもん

Author:くよもん
昭和44年8月生まれです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アナログ時計


最新コメント


最新トラックバック


日めくりカレンダー


検索フォーム

料理検定スタート

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

器用な一面

ジョニーは一兵卒

監督が外野手のノッカーしてたので、急きょジョニーが内野手のノッカーに指名されました

バッターボックスでは左打ちやけどノックは右打ち

『んん~器用な一面がうかがえますね~』

選手でありながら、チームを最優先に考える姿勢はさすがジョニー

コーチ兼任もいいけど今シーズンも芸術的なセーフティーバントを見せてくだいよ!!


スポンサーサイト

おとなの遠足

第99回高校相撲金沢大会

二年連続の卯辰山

車とめっとこないやろな~て思いながら行ったけど案の定どの駐車場も満車

かなり離れたところに駐車して会場まで歩きました

着いた頃はちょうどお昼時間

焼きそばを買って観客席に座ったら、先に来ていたキヨタカがおにぎりを持ってきました

『なんか歩き遠足みたいで楽しいね~』

一年ぶりにみたアツシくんはいっそうたくましくなってて迫力十分

まだ二年生ながらその姿には風格さえ漂う

応援団と一緒に[押せ押せアツシ]を連呼しながら力いっぱい応援してきました

小学生最後の運動会

小学生最後の運動会

小学生最後の運動会が終わりました

私はなんと青団の団長になり

先頭で青い旗を持って行進しました

「青団頑張るぞ~!」   「オ~!」

もりあげながらプログラムは順調にすすんでいき…..

なんと優勝しちゃいました~!

優勝したら何でも買ってあげる!とパパに言われてたので…

さぁて何を買ってもらおうかな~?

鍵を握る男

鍵を握る男ジュン

今シーズン満40才以上の条件をクリアしてジュンが入団してきました

監督からは『おい一年生』て呼ばれてるけど、もう立派なオジサンやぞいね

久しぶりにプレーしてる姿をみたけど、昔と変わらないリズム感のある守備は

野球センスの高さを感じますね

能州穴水球団の飛躍、その鍵を握る男になるかもしれません


新たな鉄人

小さな鉄人シモオジ

穴水野球の鉄人と言えば?と聞かれて真っ先に思いつくのがユッキョさん

その次はタクオさんやね~

その鉄人枠に新しく加わりそうなのが[能州の二刀流]シモオジ

40代半ばになった今でも疲れを見せず常に全力でプレーする姿勢は

三代目鉄人と呼ぶにふさわしい

今日の試合も一番ピッチャー

息子も野球始めたそうやし、父ちゃんもまだまだ負けとられんね


お水ください

午前零時

二次会で帰るつもりだったけど、調子に乗って三次会

『ママ、お水ください

いつもここにきたらお茶か水しか飲んでない気がする

隣にはワタシの尊敬するシゲちゃんが座ってました

シゲちゃんはすごく真面目な性格やしみんなからの人望も厚い

ワタシもシゲちゃんみたいに大人な雰囲気でお酒を飲みたいんやけど

いつも失敗に終わるのです


母の日のプレゼント

母の日のプレゼント

今日は母の日です

私は手書きで作った「お手伝いカード」をあげました

ママはすごくよろこんでくれました

ちょっと休もうとすると

「ほらほら母の日なんだから手伝って!」

母の日ってなんだかママは子どもになってるみたいでおもしろいな~

感謝の気持ち

感謝の気持ち

母の日にはきょうだい四人で感謝の気持ちを届けることにしています

妹から連絡があって今回は革鞄&キーケースにしたそうです

『革って母ちゃんのイメージと違わんけ?』

『おかんが革がいいって言うとってん』

『それならいいけど...』

『ちなみに将来わたしが使うかもしれないからデザインは自分の好みにしといたわ~

そんな事だろうと思いました

ツバメ調査

モッコウバラ

ハナミズキが散りはじめてきたころ

モッコウバラが少しずつ咲いてきました

以前は上へ上へと誘引してたけど、今は途中から柳のように垂れ下がるスタイル

『こっちの方がナチュラル感があっていいかも...』

休日にガーデニングしてるといつも手伝いにきてくれる次女はツバメ調査

ワタシも小学生の頃やりました

上曽山と下曽山、どっちが多いか競い合ってた


イスは語る

懐かしいイス

連休最終日は畑仕事のお手伝い

『GWの四日間、能登半島から一歩も出んかったな~

三時の休憩時間に父ちゃんが木の椅子を出してきました

『どしたん?この古い木のイス?』

『このイスもらってんけど、お前たちが通ってた中学校のイスらしいぞ』

『へぇ~そうなんや~』

イスの裏に何か書いてあったと言うので裏返してみたら漢字の[技]一文字

『あっ!!もしかしたら技術室にあったイスかもしれんわ~』

30年ぶりに座ってしばらくの間、目を閉じていたけど当時の事は何も思い出せなかった...


能登の絹もずく

能登の絹もずく

一度は自分で採ってみたいと思っていた能登の絹もずく

母ちゃんの知り合いで、この時期もずく漁をしている方のふねに乗せてもらいました

『そのホンダワラの周りにフワフワしとるのわかる?』

『あっ!!わかります』

教わった通り左手で藻をつかんで

軍手をはめた利き腕の右手でもずくを掴みながらそぉ~と引き離すと

もずくが軍手に絡まって上手に採れました

穴水は山もあって海もあってワタシには楽園みたいなとこ


おたまじゃくし

イノシシ来んといて

残りあと二枚になったところで昼食時間

軽トラの荷台に腰かけておにぎりを食べてると「農業してるな~」て実感できる

『母ちゃんのたまご焼きとおにぎり、いつ食べてもおいしいわ~』

『あぁ~そうけ~ありがとね~』

区画整理された田んぼは作業しやすくていいんやけど

昔と全然かわらないへんてこな形をした田んぼも風情があっていいもんやね


 | ホーム |  page top