プロフィール

くよもん

Author:くよもん
昭和44年8月生まれです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アナログ時計


最新コメント


最新トラックバック


日めくりカレンダー


検索フォーム

料理検定スタート

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

そろそろキャンプイン

がんばれ!!能州穴水球団

日本スポーツマスターズ2015は地元石川県で開催されます

それに伴い開催地の出場枠が増え、能州穴水球団にとっては絶好のチャンス

強豪チームはすでに合同練習や自主トレを始めているだろうけど

わがチームはのんびっとコタツでミカン食べとるわいね

前回は初戦敗退で悔しい思いをしたので、今回はベスト4以上の成績が目標です

からだはオジサンになったけど、こころはいつまでも青春


スポンサーサイト

味噌汁だくだく納豆ごはん

味噌汁だくだく納豆ごはん

味噌汁の具を全部食べて汁だけになったら

そこへご飯をあけてその上に納豆をのせてかき混ぜると

「味噌汁だくだく納豆ごはん」の出来上がり

ワタシはこの料理らしきものをはじめてみたけど、わが家では普段からこうやって

食べているのだそうです

『これ、すごく美味しいげんよ~パパ食べてみる~?』

『美味しそうだけどいらない』


はっけよい

今では大相撲ファン

大相撲初場所15日間、終わってみればあっという間です

千秋楽は次女&義母さんと一緒にテレビ観戦しらがら

『エンドーがんばれー』と声援をおくりました

年齢層の違う三人がひとつになるのは、この瞬間だけかもしれません

北陸新幹線が開業したら、気の合う相撲ファンで国技館応援ツアーに行ってみたい


本格手打そば

手打そば処村田屋

昼食はひらすけあんさまの親戚のおそば屋さん

使う水はわざわざ奥能登までくみに来るほどのこだわりよう

すごいなぁと感激しながら美味しいおそばをいただきました

『ここの主人は[中]たかちゃんて呼ばれててオレは[小]たかちゃんねん

『へぇ~ほんなら[大]たかちゃんもおるがけ?

『そうや~[大]たかちゃんもおりんたかの漢字もみんないっしょねん』

『そうなんや~でも、あんさまが[小]って...みんなどんだけでかい体しとりんて~

『なんもや~体重じゃなくて身長ねんわ~』

あっ!それなら納得

こいこい

家族で花札

遅い時間に帰宅したら家族が花札してました

普段アイポッドや3DSしかやらない娘たちも真剣な表情で花札をめくっています

『ねぇ..誰に教えてもらったん?』

『ママやよ!!』

『やっぱり..』

ワタシも若いころよく遊んだので久しぶりにやってみたくなりました

『ねぇ仲間に入れてくれない?』 

『いま盛り上がってるからまた今度ね

クジラなのにイワシ

クジラのお刺身

『宇出津の定置網で獲れたクジラ、まいぞ~

『うゎっ!!美味しそうですね~』

『このイワシクジラ、解体したときまだ湯気が上がっとったね~』

『へぇ~湯気ですか

『うちらの小さいころは刺身よりすき焼きにして食べたもんやね~』

『クジラのすき焼き?』

『ゴボウとネギ入れると最高に美味しいよ~』

能登の食文化、まだまだ奥が深いです

元祖イケメン

カナメ、おめでとう

野球協会のイケメンと呼ばれ

ワタシが協会事業部にいたころはとても頼りになる存在だったカナメ

いつまで独身でおるんかな~て心配してたけど

ちゃんといい人おったんやね

これで兄貴と慕うひらすけあんさまから『カナメはあっち系』て言われんですむね

当日を楽しみにしています

未来のエース

がんばれ未来のエース

昨夏の高校野球といえばやっぱりこの人ですね

穴水町にゆかりのある選手なので、是非活躍してほしいです

色紙のほかに能州穴水球団の帽子も持っていってんけど、なんか場違いな感じがして

バッグから出せんかった...

隣に座っていたモリさんはただ一言『厳しい世界だけど頑張れよ』と言って

肩をやさしくポンポンと叩きました

今夜のモリさん、何だかカッコいい

待ってたプレゼント

クリスマスプレゼント

やっとクリスマスプレゼントがとどきました

お目当ての「妖怪ウォッチ」元祖と真打

さっそくどっちもデータを作って始めました

でもやってみると強い妖怪たちがたくさんでてきてたいへんだぁ~

私は強い妖怪はまだ持っていないのでなかなか倒せません

「でもいつかは最強の妖怪マスターになるよー

元日の昼

日本酒で乾杯

毎年恒例となりましたヤチさんちでの新年会

コタツで日本酒をいただきながら肴は刺身と精進ごっつぉ

『フキ、美味しいわ~

時間が経つにつれ会話は徐々にゴルフへと切り替わり

みんなのベストスコアが発表されました

『スコアよりも楽しくプレーせんかいね~』 『そやね~』て言いながら

みんなの目はとても真剣でした

 | ホーム |  page top