プロフィール

くよもん

Author:くよもん
昭和44年8月生まれです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アナログ時計


最新コメント


最新トラックバック


日めくりカレンダー


検索フォーム

料理検定スタート

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ヒットとPARは同じ

ヒットの報告

次女が試合だと言うことは妻から聞いて知っていましたが

余計なプレッシャーを与えないためにも、あえて知らないふりをしていました

帰ってきたら久しぶりにヒットを打ったらしく自分から話しかけてきました

『今日の試合でヒット打ったよー

『おぉ~よかったね~何本打ったん?』

『ん?一本やけど...』

娘のヒットはワタシのゴルフのPARに匹敵するくらい貴重なもののようです

そう言えば今シーズン、PARを一度もとってないな~

スポンサーサイト

カープ女子研修生

カープ女子になれるか?

次女がナゴヤドームに行きたいというので、妻と長女にも声をかけたのですが

『どうぞふたりで行ってきてくださーーい!!』

のんびりビールをいただきながら観戦しているワタシに対し

次女はレプリカユニフォームを着てカンフーバットという細いメガホンをたたきながら

応援団のリズムに合わせてカチカチやっております

ホームランが出たときは周りのカープファンとカンフーバットでハイタッチしながら喜んでる

『あぁ~こんなことならワタシもなんじゃらバット買っとけばよかったわっ

幸せそうな寝顔

動物も暑いです

8月の動物園はやっぱり暑いですね~

動物をみて感動する年齢ではありませんので、園内では家族のうしろを

ハンカチで汗をふきながら遅れないように歩くだけです

みんながホッキョクグマをみて楽しんでいる最中、後ろにあるアシカのプールを眺めたら

一頭が穴の中で気持ちよさそうに眠っています

『おぉ~なんて幸せそうな顔して寝とるがいね~羨ましいわ~』

結婚18年目

結婚18年目突入

早いもので結婚して18年目を迎えました

リビングに置いてある花びんにはアジサイ好きの妻が貰ってきた

二種類の花がいいバランスで挿してあります

前方は大きくて華やかな赤、その後ろで控え目に咲いている小さな紫の花

ワタシたち夫婦もちょうどこんな感じやね~

このバランスはこれからもずっと変わることはないでしょう


背番号8

がんばれ東部

ワタシ以外のユニフォームが家に飾ってあるだけで嬉しくなりました

今は背番号に加え胸番号もあるんですね~

もらった番号は縫うのか貼るのかわかりませんが何かヨレヨレしとるな~

試合は二日間にわたりリーグ戦で計四試合あったそうです

『お疲れ様~試合どうやった~』  『全敗!!』

『そ、そっかぁ~残念やったね~ヒットは打てた?』 『ノーヒット!!』

んん~話題を変えた方がよさそうだ

カラス除け

カラス除け

曽山の畑に遊びにいったら柿の木の枝に黄色い袋が引っかかってました

こんなことするのは母ちゃんしかいません

『母ちゃん、こりゃ~なんのおまじないやいね?』

『それはカラス除けねんぞ!!カラスは黄色いものが苦手ねんと~』

『でも肥料袋はナシやって~

新しい朝が来た

夏休みはラジオ体操

娘ふたりは夏休みに入っています

中学生の長女は少しだけ朝寝坊できるけど、小学生はいつもと一緒

その理由は..昔も今も変わらない6時30分からのラジオ体操

ワタシも当時はカードにハンコが欲しくて真面目に参加してました

ラジオ体操といえばやっぱりこのポーズやね~

このトシでやるとストレッチみたいで気持ちいいわ~


お祭り大好き

お祭りに間に合うかな?

毎週月・水・木の三日間、お祭りの練習に行ってます

最初のころは音がうまく出なくて

聞こえてくる音は『スースーヒューヒュー』

みんなに遅れないよう土・日は自宅で猛練習

習い始めて一週間で、『ピーヒャラピーヒャラ』とそれらしい音色になってきた

ここ数年、お祭りには行ってないけど

今年は次女の晴れ舞台をみに行こうかな...



気にしない

気にしない

キッチンの扉にはナイロン袋が引っかけてあります

いつも半透明なのに、今回は派手やなぁ~

『ん??これって??』

『そうや~袋には変わりないし~』

トイレットペーパーの袋を再利用、しかもキッチンで...

『なに不思議そうに見とらん??おかしい??』

『別におかしくないけど、何だかちょっと違和感があるだけ...』


感謝の気持ち

頼りになります

小学四年の次女は料理好き

妻が仕事で遅いときは、率先して何か?を作りはじめます

包丁はまだ危ないからと使えるのはペティナイフだけ

『すごいねぇ~何か手伝うことある?』

『みんなの食器出してくれる?』

『わかりました_(._.)_』

次女がいなければ、今夜はコンビニのお弁当だったでしょう...



 | ホーム |  » page top