プロフィール

くよもん

Author:くよもん
昭和44年8月生まれです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アナログ時計


最新コメント


最新トラックバック


日めくりカレンダー


検索フォーム

料理検定スタート

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

夏は麦わら帽子

がんばれ!!穴水高校

穴水高校の応援に行ってきました

ここ数年は夏の大会だけしか観戦してないので選手やチーム戦力はほとんどわかりません

そんな中、運良くジョニーがよってきたので、これ幸いといろいろ聞いてみたら

選手のことはもちろん、スタンドを見渡しながら野球部OBで誰が観戦に来ているとか

来年穴高野球部に入るであろう中学生があの辺に座っているとか

ジョニーは本当に何でも知ってるな~

試合は惜しくも負けてしまったけど、素晴らしいガイドのおかげで楽しく観戦できました


スポンサーサイト

勝利の瞬間

ウイニングボール

ショート後方の難しいフライをカッちゃんが実力半分、運半分で見事キャッチ

この瞬間、白熱した接戦にようやくピリオドがうたれました

打球を追ってそばまできていたレフトのガンちゃんと喜びを分かち合う

その表情はまるで野球少年のようです

オジサンふたりの年齢を合わせると大台一歩手前の99才ねんけど

野球人生まだまだこれから

勝っても負けても試合後にみんなで飲むビールは最高に美味しいのであります

ピンチの後にチャンスあり

ピンチの後にチャンスあり

二回戦の相手はこれまた強豪チームです

能州球団は初回に4点を奪いそのまま有利に試合を運びたかったのですが

そうは問屋が卸してくれませんね~

ピンチを招いたところで、すかさずキャプテンモリさんがタイムを要求し

内野陣がマウンドに集まりました

みんなの表情をみてたらピンチにもかかわらずニコニコしてる

ショートのカッちゃんは最後までずっと笑っとった...

何がそんなにおかしいのか試合よりも気になる


起死回生の一発

逆転満塁ホームラン

試合も中盤にさしかかった五回表にミラクルは起こりました

一点差とし、なおツーアウト満塁のチャンス

ここでバッターはチームでも一二を争う長距離ヒッターのツヨシ

長打が出れば逆転の場面で思いっきり振りぬいた打球は

レフトスタンドへと消えてゆくまさかまさかの逆転満塁ホームラン

オジサンになってもそのパワーはいまだ健在

ホームベースを踏んでベンチに戻ったツヨシはみんなのヒーローです

今日は打ち上げせんでも、この瞬間でじゅうぶん満足やね


平均年齢47才

ジョニー大活躍

能州穴水球団今年度登録メンバーの一覧がキャプテンモリさんより配布されました

メンバーの平均年齢が備考欄に記載されておりまして...

その数字はなんと47...半世紀まであと3です

『なんじゃらすごいことになっとりますな~

『こりゃー勝ち負けよりまずはケガせんことやねー

この日の試合、われらがジョニーは攻守にわたり大活躍

その後姿からもスターの風格を感じるようになってきたね

ありがとう穴高野球部

穴水高校野球部ありがとう

二年ぶりに母校の応援にかけつけました

三塁側内野席のゲートをくぐったらミヤボーとジュニアとマサノブの仲良し同級生が

横一列に並んで座ってた

『おぉ~ミヤボー元気にしとっかいね』

『元気にしてますよ~

母校の野球観戦は懐かしい顔ぶれに出会えるのも楽しみのひとつ

観客席を見渡すと見覚えある顔がちらほらみえる

そんな中、ひとりの男を発見

ジョニー、あなたは間違いなく穴高野球部のOBですわっ


勝利への執念

がんばれ!!能登勢

試合中盤までは劣性な展開が続いとってんけど

9回土壇場で同点に追いつき、延長戦の末、勝利をつかみとりました

野球は『ゲームセットの瞬間までは何が起こるかわからない』

改めてそう感じた試合でした

試合後、球場のそとに出たら全身の力が抜けてしまってしばらく休んどった

ほんとうに勝ってよかった...


2016夏

がんばれ!!穴水球児

中学校時代、歴代最強ともいわれていたこの世代も

高校球児として今大会が最後の夏

何としても甲子園出場という夢を叶えてほしいです

今大会はなるべく多く球場に足を運ぶ予定

穴水出身高校球児の活躍をオジサンは祈っています

ミラクル二遊間

奇跡の二遊間

いつもはあんまり目立たんげんけど、この日の二遊間コンビは光り輝いていました

ピンチを救ったヨシアキのプレーも素晴らしかったけど

痛烈なショートゴロを華麗にさばいてアウトにしたカッちゃんのプレーも最高でした

ほんでもあのゴロを捕球したとき、カッちゃんが『あれっ?入っとる』て

顔をした瞬間をワタシは見逃さなかった

今度本人に確かめてみよう

意地の一点

待望の得点

準々決勝の相手は過去このクラスの全国大会で優勝1回、準優勝1回を誇る強豪チーム

ユニフォームは似とりんけど、実力は全然違う

昨年対戦したときは完封&コールド負けで手も足もでんかった

この試合も初回からゼロが並び、迎えた6回表も2死無走者

ここでキャプテンモリサンが執念で出塁し、続くは過去2打席2三振と

この試合全くタイミングが合っていないひらすけあんさま

チームメイトの誰もが期待していないこの場面で放たれた打球は

ライトフェンスまで達するまさに奇跡ともいえる三塁打!!

モリサンが一塁から長駆ホームインし、意地の一点をあげました

試合に敗れはしたものの能州球団にとってこの一点はとても大きなものになったと思う

 | ホーム |  » page top